人間は、年をとると体や体の内部、ホルモンなどが老いてきて、病気になりやすくなってしまう生物です。

その中でも、ホルモンのバランスの崩れや、生活環境のストレスにより発症すると言われている、更年期障害は身体的・精神的にとても辛い病気として知られています。

男性・女性問わずなってしまう病気ですが、主な症状は、日常生活を普通に暮らしていて突然出る異常な汗や、イライラしたり、いたたまれない気持ちになったりする心理的な症状や、体が重い、だるい、耳鳴り、立ちくらみ、動悸、手足のしびれ、関節の痛み、体のかゆみといった身体的な症状など様々な症状が挙げられます。

これらの症状は、人によって、辛さが違ったり、症状の種類が違う為、更年期障害になった全ての方が同一の症状とは限らないため、同様の症状が出たからといって、決め付けで更年期障害と判断するのは危険です。

更年期障害の原因とは?

これらの更年期症状になってしまう原因というのは、近年の研究によって、明らかにされてきました。その原因は、ホルモンのバランスの崩れだけではなく、無理なダイエットへの挑戦や遅い時間帯の食事や食事を抜くといった、食事に関する原因が挙げられています。

これらのことをしてしまった場合、ある程度の年齢をいった方がなるというイメージが強い更年期障害ですが、30代・40代の働き盛りの方でも十分なってしまうのが、この病気の怖いところと言えます。

この年代がなってしまうことを若年性更年期障害とも呼び、現代多くなっている病気の一つです。

また、女性の方がこの病気になりやすいということも次の理由からわかります。

それは、女性ホルモンのエストロゲンの現象により更年期障害になりやすいからです。

このような体の変化でもなってしまうので、女性は特に患者数が多いとされています。更年期障害の治療法は、ホルモンを薬によって補充する・漢方薬を服用する・抗うつ薬、抗不安薬による治療などの薬物両方が主流です。