糖尿病は血液中の血糖の値がうまくコントロールすることができなくなってしまう病気です。

通常炭水化物などを食べると血液中に糖分が補給されます。糖分は血液の中でブドウ糖に変化して、このブドウ糖が人が活動するため欠かせないエネルギーの源になるわけです。

通常はインスリンによってうまく血糖値をコントロールしてくれるのですが、糖尿病になってしまうとブドウ糖をきちんとエネルギーとして使うことができなくなってしまったりして、血糖の値が高い状態になってしまいます。

血糖値が高い状態が続いてしまうと、血管に大きな負担をかけてしまうことになり心筋梗塞などの様々な病気を合併してしまう原因になってしまいます。

糖尿病には2つのタイプがあります

糖尿病は大きく二つのタイプに分けることができるのですが、一つは生まれた時からインスリンを作りだす膵臓の機能がうまく働かないといったことが原因の第一種糖尿病と生活習慣が原因で発症してしまう第二種糖尿病です。

生まれた時から膵臓の働きが弱い場合は、予防や改善の方法はなく、インスリンを注射しなければならないといった治療が必要になります。

一方で生活習慣が原因でなってしまう第二種糖尿病の場合は、暴飲暴食や運動不足、ストレスの多い生活や肥満といった様々な要因から血糖値がコントロールすることができなくなってしまい発症してしまうことが考えられます。

ある日突然発症するわけではないので、糖尿病にならないように生活習慣を改善することなどで予防することも可能です。

糖尿病というのは一度発症してしまうと完治するということがない病気なので、健康診断などで血液検査を受け、血糖値などの数値をきちんと把握しておくことが大切になります。

またウォーキングなどの有酸素運動をしたり、糖質をとる量を減らすなど食生活を見直すすることによって血糖値を改善していくこともできます。

血糖値が高くなってしまった場合には、生活習慣を見直して定期的に血液検査などの検査をすることが大切です。