糖尿病には4つの種類があります

糖尿病には、1型糖尿病や2型糖尿病のほか、ホルモンの分泌を要因とする妊娠糖尿病や、遺伝子の異常等が原因とされる先天性のものなど4つの種類があります。

1型はすい臓が生成、分泌するインスリンが極端に少ないか、もしくは生成されなくなるもので、注射などにより外部からのインスリン補給が必須となります。
2型は、運動不足や偏った食生活など、生活習慣によりインスリンの分泌量が不足したり、作用しづらくなることで発症します。

糖尿病の多くは食事や運動が原因の2型です

糖尿病患者のほとんどが2型糖尿病で、日本では患者数の約95%を占めています。
糖質の多い食事を摂っているわりに運動が不足していたり、頻繁に間食をしている人は、血液中の糖分が増加します。
糖分はすい臓から分泌されたインスリンにより筋肉や肝臓へ運ばれるほか、運動することでエネルギーとして放出されますが、過剰な糖分は脂肪として蓄積されることになります。

血糖値が高い状態が続くと脂肪が蓄積されるだけでなく、糖尿病予備軍となり、いずれ糖尿病となります。糖尿病かどうかの診断は、空腹時の血糖値が126mg/dl以上かどうかで判断されます。
2型糖尿病は主に肥満体型の人に多く、すぐに何らかの病気を発症するわけではありません。このため、真剣に向き合わずに悪化させる人が多いという特徴もあります。糖尿病が怖いのは、合併症に罹患する可能性が高くなることです。
血液中の糖分は血管の表面を傷つけるため、動脈硬化の原因となるほか、免疫力が低下することで様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

糖尿病の予防にはまず食事から

糖尿病を予防するためには、食事と運動がポイントとなりますが、まずは糖質制限から始めます。
糖尿病になりやすいのは、糖質の多い食事です。その中でも急激に血糖値が上昇する、GI値の高い食材を減らすことが重要です。GI値の高い食材としては、砂糖やグラニュー糖などの単糖類が代表例です。
これらは摂取してすぐに消化されることなく腸までたどり着き吸収されますから、血糖値の上昇も急峻となります。ケーキやお菓子、甘い清涼飲料水や砂糖の入ったコーヒーなど、多量の単糖類が使用されている食材に関しては、糖尿病を予防するのであれば控える必要があります。

一方、白米やパンなどの炭水化物にも糖質が含まれますが、これらは多糖類です。多糖類は消化に時間を要するため、単糖類ほど急激な上昇は見られませんが、最終的には糖質として吸収されます。このため、必要以上に摂取することは、やはり糖尿病の原因となってしまいます。
糖尿病を予防するためには、野菜などの食物繊維を含んだ食材を一緒に食べることがポイントです。食物繊維は消化されないまま腸へと到達し、糖質の吸収を遅らせる働きがあるため、毎食用意したい食材です。

糖尿病の予防には適度な運動も欠かせません

糖尿病の予防を効果的に実践するのであれば、運動も必要です。
食事により摂取した糖質は、小腸で吸収され血糖値が上昇する原因となりますが、運動により糖質をエネルギーとして放出することができます。摂取した糖質を放出してしまえば、脂肪として体に取り込まれることはありませんから、脂肪を燃焼しやすい体を作り上げることができます。
血糖値を下げる運動としては、有酸素運動が最適です。有酸素運動とは、運動の際に大量の酸素を必要とするもので、長時間のウォーキングなどが該当します。

糖尿病を予防するための有酸素運動は、食事をしてから30分から1時間程度経った頃に実施します。この頃には消化も進み、既に糖質の吸収が始まっていますから、糖質が脂肪細胞に取り込まれることなく、エネルギーとして放出することができます。
有酸素運動を多めに実施すれば更に効果的と思われますが、糖質を摂取していない状態では、脂肪を分解してエネルギーへと変換されます。
痩せるという目的であれば、空腹時に有酸素運動を実施するのは問題ありませんが、痩せている人が糖尿病を予防するために、糖質制限をしつつ運動をすると、低血糖になる可能性があり注意が必要です。