激しい関節の痛みで知られる痛風は、耐えられないほどの発作的な痛みと赤い腫れの症状があらわれます。

足の親指の付け根に出ることが多く、その特徴的な痛みは痛風発作と呼ばれ、ペンチで挟まれるような、あるいは尖ったもので刺されるような激痛です。

痛風という病名は、「風に吹かれただけでも痛い」という、酷い痛みをともなう症状からつけられたものなのです。

痛風は高尿酸血症の人に起こりやすい

痛風は、高尿酸血症という病気をもっている人に起こりやすい病気です。

体内で作られている尿酸が排出されず、血液中の尿酸の濃度が高まることで尿酸塩結晶が形成されて関節部分に蓄積し、関節に酷い炎症と痛みを引きおこすのです。

約60万人の患者がいるといわれ、その約90%が男性で、40~50代の方に多くみられる病気なのです。

痛風は明治時代以前の日本にはなかったとされ、昭和に入り1960年代頃から知られるようになった病気なのです。

欧米化によって肉食が一般化し、肉類の動物性タンパク質や動物性脂質を取り過ぎるようになったことも原因のひとつと言われているのです。

食生活は、尿酸値に大きく影響を与えます。

痛風の原因のひとつとされる肉類の動物性の脂肪は、尿酸値を高める傾向があるのです。

そしてほとんどの食物に含まれる旨み成分プリン体は、体外に排出されるときに尿酸に変化する物質です。

プリン体の量が多ければ分解される尿酸の量も増え、排出量を越えてしまうと血液中の尿酸の濃度も上がり、高尿酸血症を引きおこしてしまうのです。

尿酸の元となるプリン体を含む食品には、干し椎茸、レバー、かつお節、魚の干物などが上げられます。逆に少ないのは、白米、オクラ、チーズ、イクラなどです。

また、アルコール飲料のビールも多くのプリン体を含んでいるのです。さらに、ほかの病気の影響による腎機能の低下や血液などの病気で尿酸値が上がることもあるのです。

腫瘍などの病気で、高尿酸血症を発症している場合もあるので注意が必要です。遺伝的要因が痛風の原因となることもありますが、極めて稀なケースなのです。