年齢が高くなると、身体にさまざまな不調があらわれるようになります。
血糖値や尿酸値、コレステロール値が高くなったり、更年期障害の症状に悩まされることもあるので、そんなときには田七人参のサプリメントを摂取するようにしてください。
さくらの森が販売している白井田七なら、1日4粒を目安に飲むだけで、サポニンを95mgも摂取できるのでおすすめです。
アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富に含まれているので、健康に生活したいときは利用するようにしましょう。

白井田七に含まれるサポニンを摂取すると、体内でインスリンと同じような働きをするので、血糖値を下げて、糖尿病を改善できるといわれています。
尿の排出を促す働きもあるので、尿酸値を低下させたり、痛風になるのを防ぎたいときにも役立ちます。
サポニンには副腎皮質ホルモンの分泌を促進する働きもあるので、ホルモンバランスの乱れによる、更年期障害の症状を和らげる効果も期待できます。

初めてのサプリを利用するときに気になるのは副作用ですが、白井田七にはそれはないので安心するようにしてください。
ただしそれは健康な人に限ってのことなので、病気の人や、病院で処方された薬を飲んでいる人は、担当医に確認してから飲むようにしましょう。
白井田七に含まれるサポニンには血行促進効果があるので、熱があるときに飲むと、頭痛が起こりやすくなります。
また抗凝固剤を服用している人が、白井田七を飲んだ場合、出血したときに血が止まりにくくなるので注意が必要です。

好転反応が起こることがあります

白井田七を飲むと、副作用というよりは好転反応として、頭痛や倦怠感、動悸、眠気、不眠、発疹 嘔吐、便秘、下痢などの症状が起こることがあります。
しかしこれは決して悪いことではなく、体から毒素が抜けて、正常な状態に戻ろうとしている証なので、回復に向かっていると考え、そのまま続けるようにしてください。
好転反応は数日で治まる場合がほとんどですが、2週間も続いたときは医療機関に相談した方が良いでしょう。